著名人のお墓 カテゴリ−で探す
五十音順で探す
地域で探す
タイトル
一般のお墓
吉相墓・墓相
会社法人供養塔
タイトル
弔問客の作法
葬儀の進め方
仏教以外の葬儀の進め方
法要の進め方
タイトル
地域で探す
タイトル
仏壇のすべて
書籍
法人供養塔
著名人のお墓タイトル

鈴木三重吉タイトル

 小説「桑の実」や「霧の雨」の作者、鈴木実(三重吉の本名)を「幽遠な人生の寂しさを持った絵のような美しい芸術を描いた人」と小川未明は称えている。
 夏目漱石に師事し、叙情的な作風の小品を書いていた三重吉が、童話に転換したのはなぜか。童話を書き始めたのは、三重吉三十六歳、長女すずが生まれた年だ。幼い娘に読み聞かせたいという父親のささやかな愛情からのことであろう。わずか九歳で母を失った三重吉だからこそ、誕生した我が子に、こうした形で愛情を表現したのではないだろうか。これが、芸術性の高い童話の創作をめざした児童文学雑誌『赤い鳥』発刊のはじまりといえる。新人育成にも力を注ぎ、大正七年の創刊から十八年間、通刊一九十四冊にもなった。
 墓もなんとなく童話を感じさせる。自然石をちょっぴり刻んだ墓が印象的で、語りかけたくなるような雰囲気だ。

鈴木三重吉の墓
戒名 天真院啓迪日重居士
職業 明治・大正期の小説家
没年齢 53歳
所在地 広島市大手町・長遠寺
墓の方位
正面入り口の方位
玉垣 -
境石 5cm
竿石 90cm
石質 自然石系
墓のスタイル 奇型
台座 2段・高さ65cm
1987年現在の資料に基づいております。
墓地所在地は、変更になっている場合があります。

トップページへ戻る